第19回済生会看護学生研究発表会

 H26年 第19回 済生会看護学生研究発表会を8月19日、8月20日に当校において開催しました。
岡山、静岡、滋賀、大阪中津、大阪野江、東京、川口、宇都宮の8校の代表者が看護研究の発表を行い、互いに看護を深めることができるよい機会となりました。
また、各校が学校紹介を行い他校との交流が図れ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
準備・本番・片付けにおいて協力して頂いた皆様、お疲れさまでした(*^-^*)。

職員

*看護研究発表会に参加した学生から一言頂きました*

 看護研究発表会にて発表者を任された時は、不安しかありませんでしたが、任されたからには頑張ろうという気持ちに切り替えて資料作成や発表練習を何度も繰り返しました。当日は緊張しましたが、無事に終えられたことに安心できたり、みんなの応援が心強かったです。発表を終えて今は自分にとってとてもいい経験になったとともに自分の成長に繋がったと思います。

三年 発表者

 交流会委員として7月上旬から本格的に研究発表会に向けて準備活動を始め、本番に向けて何度も集まり、話合いや各役割を決めて準備を行ってきました。交流委員一人一人が努力をした結果、無事に成功できたと思っています。また全体を通して、本校の学生が他校の学生を気にかけ誘導してくれたことや、協力してくれたことも成功に至った理由の一つであると思います。交流会を通して、本校や他校の学生の良さを伝えられる機会となって良かったです。

三年 交流会委員リーダー

 今回の研究発表会では交流会の映像を担当しました。映像を見て楽しみながら栃木県のことや本校のことを知ってもらえるように、映像製作チームで協力して活動しました。映像の考案から製作までの過程を通して私達は一歩成長できたと思います。何よりも楽しんで貰えたことが一番嬉しかったです?

三年 交流会映像担当

※上記のシーンをご覧ください(小さいフォトはクリック出来ます)