4  月
3 始講
5 第20回生入学式
10 3年生実習開始(4クール目)
5  月
2 定期健康診断(1~3年生)
8 3年生実習開始(5クール目)
29 3年生実習開始(6クール目)
30 済生会創立記念日
6  月
7 基礎実習Ⅰ-①
14 基礎実習Ⅰ-①
19 3年生実習開始(7クール目)
7  月
7 スポーツ大会
13 災害救護訓練合宿
14
8  月
21 基礎看護学実習Ⅱ
22 済生会学生研究発表会(岡山)
23
9  月
12 ケースレポート発表会
13
25  基礎Ⅰ-②a
26
27
28
29
10 月
2 3年生実習開始
11 推薦入試
21 学校祭
23 3年生実習開始
11 月
13 統合実習開始
12 月
11 基礎実習Ⅰ-②b
12
13
14
15
(平成30年)  1  月
9 2年生実習開始(1クール目)
29 2年生実習開始(2クール目)
2   月
19 2年生実習開始(3クール目)
23 看護観発表会
3   月
7     卒業式

充実した学校生活(1年生)

在校生私は、父が倒れていた人を助ける姿を目にし、命を救う仕事に憧れて看護学校に入学しました。入学して間もないですが、人体についての講義、全介助の患者さんを想定した演習などを行い、看護学生としての実感と新たな知識を得る毎日で、学校生活はとても充実しています。これから、学習と実技の練習に力を入れて、患者さんに寄り添い信頼される看護師を目指していきたいです。

患者に寄り添える看護師を目指して(2年生)

在校生以前は曖味だった看護師像が、日々の勉強や患者さんと接することで少しずつ明確になってきました。患者さんに寄り添える看護師になりたいと思うようになりました。同じ夢をもつ仲間がいるおかげで、毎日充実した学校生活を送っています。2年生になり、専門的な知識を学ぶことが増えてきました。その知識を身につけ、これからの実習に臨みたいと思います。そして1年後、自分の目指す看護師になりたいです。

なりたい自分になるために(2年生)

在校生私は今まで、本気で勉強と向き合っていなかったと思うぐらいに、日々真剣に勉強に取り組んでいます。看護の勉強は難しいです。しかし、看護につながる知識であることが実感でき、楽しさも感じています。また、同じ看護師を目指している仲間がいるからこそ、切礎琢磨し合い、頑張ろうと思えます。今後、講義や実習も増えてきます。看護師になるため、仲間と励まし合って取り組んでいきたいです。

子育てを経ての再出発(3年生)

在校生高校生の頃からの夢を追いかけ、子育てを経て看護学校に入学ました。周囲の現役生となじめるか、学業と家庭の両立ができるか、不安だらけでした。しかし今は、自分の年齢を忘れるくらいに楽しく仲間と病院実習に取り組んでいます。大変な事もありますが、同じ看護師を目指す仲間と共に助け合い、充実した学校生活を送っています。そして、3年目の今、娘と共に、親子で看護師を目指しています。

第16回生 卒業おめでとうございます

*卒業生*

 沢山の人に励まされ、支えられ、多くの事を学ばせて頂きここまでくることができました。この3年間で私たちは命と向き合う責任やその重さを痛感すると共に、その素晴らしさを知ることができました。
患者さんの可能性を信じて、一番近くで援助できる看護師だからこそできることを大切にしていきたいと思います。

 

*1年生

 3年生の答辞を聞き、実習での苦悩や達成感をグループメンバーと共有することの大切さが理解できました。まだ実習の経験は少ないですが、1年生の私たちでも共感できることが多く、「悩んだり不安に思っているのは自分だけではない。」という言葉が心に響きました。私たちも2年後、先輩方のような姿に少しでも近づけるよう、これからの学習や実習に励みたいと思いました。

 

*2年生

 私たち2年生は今、領域別実習に励んでいます。うまくいかず、落ち込むときもあります。そんな時、先輩方は優しい笑顔で声をかけて下さいました。「実習はどう?」「大丈夫、自信をもってがんばって!」という言葉はとても頼もしく、どれほど勇気付けられたか計り知れません。この言葉のおかげで、くじけそうになった時も、明日からもまた頑張ろうと思うことが出来ました。これからも、先輩方にかけられた言葉や、白衣を着て病棟へ向かう力強い姿を思い出して、日々の実習を頑張っていきたいと思います。

 

***教員からの感想***

日差しが温かい晴天の中、35名が卒業を迎えることができました。胸には在校生からもらった花が輝き、白衣姿がとても立派に見えました。3年間で得た学びや出会った人達を大切にし、堂々と巣立っていって下さい。これからがスタートです‼ 悩んだ時、嬉しい時、何でもない時、いつでも学校に顔を見せて下さい。そして、これからは実習で皆さんの後輩がお世話になる時もあると思いますので、その時はよろしくお願い致します。

 

卒業式の模様をご覧ください

*****平成29年2月24日 看護観発表会を行いました*****

 1年生一人一人の看護観の発表から、1年間の学習や実習の体験によって、看護に対する思いや考えを堂々と発表する姿は立派であり、成長を感じることができました。発表後はキャンドルサービスが厳かに行われ、誓いの言葉を述べていました。これからもクラスの仲間と助け合いながら頑張って下さい。

教職員一同

「誓いの言葉」

 私たち19回生は、「患者さんを笑顔にする看護」を大切に、常に患者さんの思いを傾聴し、心に寄り添います。また、患者さん一人一人に合った看護を提供するために、個々の置かれている状況を正確に理解し、探求心をもって学び続けることを誓います。

2年生が調理実習を行いました

 代謝栄養学Ⅱでは栄養素の意義と栄養素の働きについて理解し、栄養食事療法の基本を学びます。

IMG 0211

学生インタビュー(2年生)

 腎臓病の患者さんは症状の進行を防ぐために、特別な食事が必要です。腎臓病食は蛋白質やカリウム制限、塩分制限、十分なカロリーなど留意しなければならないことが沢山ありますが、調理の工夫で食べられる物が増えることもわかりました。自分たちで調理することで、調理過程からどのような点に留意すべきかがわかり、患者さんへのアドバイスに活かせると思います。腎臓病食を作る過程での大変さの一端も理解できたように思います。

IMG 0215

代謝栄養学Ⅱの授業で「腎臓病食」を調理し、試食しました。来週は「糖尿病食」を調理します。

 

3年生が看護の統合と実践実習に臨みました

 3年生の臨地実習の最後は「看護の統合と実践実習」になります。今まで学んできたことを活かし看護実践を行っていきます。また、病棟管理の実際、医療チームの一員としての役割を理解したり、夜間看護活動の体験を通し、更に学びを深めていきます。

学生インタビュー(3年生)

 管理見学実習で病棟課長さんにご指導いただきました。特に印象深かったものは、「人間関係の大切さ」です。関係が悪ければコミュニケーションにもエラーが出やすくなり、その不利益は患者さんに行ってしまいます。
職場の雰囲気も看護には大切なものであることを再認識しました。4月から臨床で働く私には何もかもが学びになり、管理を知ることで自分はどうあるべきかを考えることのできる実習になりました。

学生インタビュー(3年生)

 今回はじめて2人の患者さんを受け持たせて頂きました。最初はどのように動けばよいか分からずにいましたが、看護師さんから助言を受け、また、一緒に行動させて頂くことで自分の課題が見えてきました。私は、患者さんを理解するためにカルテに頼りきっていたように思います。 自分の目で見ることで患者さんの状況や生活が見えてきます。それにより何を優先すべきか、おのずと見えてきたように思います。